FLIGHT LOGBOOK

パイロットの日記

          最近の出来事

          2018.07.12 初めてのハイデラバード

          2018.06.04 初めてのダブリン

          2018.05.18 初めてのイスタンブール

          2018.05.13 初めてのハノイ

          2018.02.07 初めてのパタヤ

          2017.12.30 初めてのベルリン

          2017.06.05 B777資格再取得




高価な買い物?

一昨日、同じ会社で働く友人(アメリカ人パイロット)が家に遊びに来たときの話です。。。

彼はそろそろ契約期間が満了するので、契約を延長せずにどこか他社に行こうかと考えているようで、就職活動の話になりました。


アメリカでパイロットが就職活動をする際、飛行経験により応募できる航空会社が変わってくるのですが、条件の良い航空会社に行こうと思うと、

ジェット機で1000時間の機長経験が必要になってきます。


こちらのパイロットがよく口にする

1000PIC
(PIC:Pilot In Command 機長時間)

っていうやつです。





で彼の場合、アメリカ空軍でパイロットの経験があり機長時間が880時間あるそうで、、、、


友人 「どうしてもあと120時間の機長時間が欲しい」

私 「うん、、、そうだね、あと少しだもんね、頑張って飛べば一ヶ月で飛べる時間だもんね」


そうなんです、120時間といえば一ヶ月の飛行時間。。。

けど現在の会社での立場は副操縦士、、、、この会社でいる限り、あと数年は機長時間が稼げません。。。





そして

友人 「そこで、、、だ、、、ジェット機を買って自分で飛ぼうと思うんだけど、どう思う?」



私 (  ゜Д゜)<‥‥‥



どう思うかって聞かれても、、、、確かにジェット機の機長時間ならエアラインであってもチャーターであっても自家用であってもPICはPIC。

自分でガソリン代を払って、1ヶ月で頑張って乗ってその後、ジェット機を売却すればほとんど損をしないかも。。。





返答に困る私を横目に、、、


友人 「もう目星をつけてあるんだー」(・∀・)


友人 「これ」



う〜ん、、、、$49,900(=約550万円)

これって高いのか安いのか、、、、難しいところだ。。。



それに、、、見たことも無い飛行機だし、、、


これってどこの国の飛行機? 戦闘機?それとも練習機?











結局、、、、彼にアメリカ国内では無いですが、3年契約で旅客機(B737)の機長として働ける派遣の仕事を紹介してあげたら、それに乗り気で彼はジェット機購入を中止し大満足で帰って行ったのですが、、、、


ジェットの機長時間が足らないから自分でジェット機を買うという発想、、、、とってもアメリカ人でした。






インストラクターや派遣パイロットだけではなく、パイロットのキャリアカウンセリングもする私、、、、


自分で言うのもなんですが、、、結構、暇?







ブログランキング参加中、ご協力お願いします。
↓をクリック
blogRanking


もっとプロフェッショナルな話題はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓
e-FlightCrew.com