FLIGHT LOGBOOK

パイロットの日記

          最近の出来事

          2018.07.12 初めてのハイデラバード

          2018.06.04 初めてのダブリン

          2018.05.18 初めてのイスタンブール

          2018.05.13 初めてのハノイ

          2018.02.07 初めてのパタヤ

          2017.12.30 初めてのベルリン

          2017.06.05 B777資格再取得




国籍

いま働いている航空会社は非常に多国籍なので、人事部の発表によるとパイロットだけでも

100カ国

の国の人が働いています。


一緒に飛んでいて、よく出会うのはイギリス人が圧倒的に多く、次いでスペイン人、メキシコ人ってな感じです。

ちなみに日本人は私を含めて2名なので、極めて少数派です。


飛行準備をしている段階で、入出国の書類に目を通すのでその時に、たいてい他のクルーの国籍が分かるのですが、

今回一緒に飛んでる副操縦士の国籍を見ると

「CPV」


ちなみに3文字表記されているので

米国だと「USA」
英国だと「GBR」
スペインだと「ESP」

って具合なんですが、、、、

う〜ん、、、CPV、、、、聞いたことも無い




で、メルボルンに飛んでる間に聞いてみた。


私「ところでCPVってどこの国??」

副操縦士「え〜っ、知らないの〜? カーボベルデ共和国だよ〜」

私「ゴメン、、、、知らない、、、どこにあるの?」

副「アフリカの西側にある島国だよ〜」


私「へ〜」


と言ったものの、詳しい場所が思い浮かばなくてホテルにチェックインしてから地図を見てみたら

こんなところにあった!



まだまだ世界には私の知らない国がありそうです。。。