FLIGHT LOGBOOK

パイロットの日記

          最近の出来事

          2018.07.12 初めてのハイデラバード

          2018.06.04 初めてのダブリン

          2018.05.18 初めてのイスタンブール

          2018.05.13 初めてのハノイ

          2018.02.07 初めてのパタヤ

          2017.12.30 初めてのベルリン

          2017.06.05 B777資格再取得




貨物専用機

危険物のお話のついでに貨物機のお話を。

ごくたま〜に

競走馬の輸送時に調教師を乗せたり、

絵画の輸送時にエージェントを乗せたり、

レースカーの輸送時にレーススタッフを乗せたり

するので、荷主様を乗せるための座席がコックピット後方についています。

その座席とコックピットを仕切るものもカーテン一枚と非常に簡素です。



座席の種類は機種、航空会社により様々でB747なんかですと広々としたアッパーデッキに旧式のビジネスクラスシートが6席ほど設置されていますが、A300なんかですとベンチシートのような座席が4席ほど設置されています。


旅客機と同じ入口を入ると、、、


貨物室とアッパーデッキに上がるためのラダーがあります。


女性にはかなり険しいですが、、、屋根裏階段のようなラダーを上がるとアッパーデッキに入ります。

ギャレーもあり、ここで食事を温めたりコーヒーをつくったり。。。



そして前方にはカーテンを隔ててコックピットが。

ねっ、出入り自由でしょ?






貨物便は旅客便と違い、揺れも気にしないし変化に乏しい単調なフライトが多いですが

パイロットとしてはその分、気が楽なので私の場合は旅客便半分、貨物便半分なスケジュールがいいな〜なんて思います。