FLIGHT LOGBOOK

パイロットの日記

          最近の出来事

          2018.07.12 初めてのハイデラバード

          2018.06.04 初めてのダブリン

          2018.05.18 初めてのイスタンブール

          2018.05.13 初めてのハノイ

          2018.02.07 初めてのパタヤ

          2017.12.30 初めてのベルリン

          2017.06.05 B777資格再取得




今年度の初仕事

休暇明けで久々の仕事、それでいて年度初めの初仕事

なのにエアバスから移行してきた副操縦士バーレーン人)の路線審査でジャンプシート、、、


少しお休みが長かったので、出勤前にマニュアル類のアップデートをしてから出勤。

審査される副操縦士は既に準備万端で待っていました。


審査に付き合う機長はまだ来ていない様子、、、



とりあえず時間があるので、副操縦士のライセンスと身体検査証明書を確認

それに引き続き、本日の運航に関する知識の確認


ひと通りの確認が終わったところで時計を見ると、正規の出勤時間まであと5分


けど機長はまだ来ていない様子、、、




副操縦士

「機長、こないね〜」(´・ω・)

なんて話しているうちに出勤時刻を5分経過




私「スケジューラーに電話して機長のスケジュール確認してくれる?」

副「はーい」


電話するもスケジューラーには何も情報が入っていないらしく、コールバックするとのこと






5分後、、、、電話が鳴り

スケジューラー「機長は事故渋滞で遅れるそうです!とりあえず飛行機に向かって下さい!」

と言われ、二人で飛行機に、、、



飛行機に到着すると出発まであと35分。

客室乗務員との合同ブリーフィングをしていると今度は訓練部から電話が、

訓練部「機長は間に合わないので、審査を中止にして追加訓練ということでTonyさんが機長で運航してください!」




「はい・・・」(´・ω・`)


ジャンプシートで審査をするつもりだったのが、いきなり操縦してって、、、、





まるで観客としてマジックショーを見ていたら、いきなり舞台にあげられて好きなカードを1枚選ばされるような、、、ってちょっと例えが違う。


休日に河原で草野球を見ていたら、ピッチャーが怪我したからっていきなりマウンドに連れて行かれるような、、、そう、そんな感じ。


客観的に運航を見ていた立場から、いきなり主観的な立場で運航をしなければいけないことに。




いや、、、うすうすそうなるだろうな〜とは思っていましたが、、、、




ということで、バタバタしましたが幸運にも?年度初めのお仕事は機長としてバンガローまで操縦することができました。




ホテル到着後、仮眠をとって朝食へ、


マサラドーサとココナッツチャツネで至福の時間を過ごすのでした。