FLIGHT LOGBOOK

パイロットの日記

          最近の出来事

          2017.11.11 初めてのコロンボ

          2017.11.07 初めてのベイルート

          2017.11.03 シミュレーター定期審査終了

          2017.06.05 B777資格再取得




機長昇格拒否

アラブ人の自社養成訓練生を連れて夜のコペンハーゲンまで、、、、

到着時は秋というか、もう冬の様相で気温が6度で冷たい霧雨が降っていました。




ホテルに到着後はもう夜も遅かったのですぐに就寝し、朝起きてホテルのレストランで朝食を食べていると

私と入社時期の近い南アフリカ副操縦士デイブ(仮名)がテーブルにやってきました。



どうやら前日に我々より早い夕方の便で到着したそうで、彼の便も訓練便なのでセーフティーパイロットとしてジャンプシートに座ってコペンハーゲンまで飛んできたそうな。



久々に会ったので、せっかくだから一緒に朝食を食べることに、



私「そう言えば、そろそろ機長昇格じゃないの?」


デイブ「半年くらい前かな?会社から機長昇格訓練を開始しますって連絡があったんだよ。」


私「えっ?もう始まったの?」



デ「いや、、、、断ったんだ〜」



「えっ?」(゚д゚)!



CRM教官を兼任していて、知識が豊富でとっても優れた人間性のデイブ、、、、昇格したら素晴らしい機長になるに違いないと思っているのは私だけじゃないはず。

まだまだ若いしこれからって感じの新進気鋭のパイロットなのに。。。。





私が理由を聞く前に話を始めました。


デ「じつはもうそろそろパイロットを辞めようと思っていてね〜」




私 (゚Д゚)




デ「数年前にタイのサムイ島に買った小さなリゾート施設が、意外と繁盛してね〜」


デ「経営は雇ったタイ人に任せているから大丈夫なんだけど、、、、自分はパイロットを辞めて、そのリゾート施設の芝刈りと庭の手入れをしようと思っているんだ〜」


デ「もちろん夕方はサンセット・オン・ザ・ビーチで冷えたビールを飲むんだ〜」




パイロットを辞めて、芝刈りと庭の手入れ。




従業員は知らないけど、実は庭師の白人のおっちゃんがオーナーという、、、、




ステキやん、、、、デイブ





デ「だからここでワザワザ頑張って機長にならなくてもいいかな〜って」






ま〜、、、、彼くらいの経験があれば数年の間、庭師をやって飽きたらまたパイロットに戻ってくればいいわけだし。




人生をエンジョイしてるって感じで羨ましいです。