FLIGHT LOGBOOK

パイロットの日記

          最近の出来事

          2018.11.14 初めてのイスラマバード

          2018.07.12 初めてのハイデラバード

          2018.06.04 初めてのダブリン

          2018.05.18 初めてのイスタンブール

          2018.05.13 初めてのハノイ

          2018.02.07 初めてのパタヤ

          2017.12.30 初めてのベルリン

          2017.06.05 B777資格再取得




飲酒運転

ここのところ操縦士の飲酒が世間を賑わせておりますが、、、

 

乗務24時間前から禁酒

 

とか

 

ビールは1リットルまで

 

 

というのは表面上の対策に見えて仕方がありません、

 

 

問題の本質は別なところにあるのです。

 

 

 

 

マウスウォッシュを使って偽装しようとしたって完全な計画的犯行で

 

自覚症状もあったということですから

 

行政処分で操縦士の免許取り消しは当然の処分だと思います。

 

 

 

他の先進諸国に比べて飲酒に関する罰則や規定が甘い日本、、、

 

パイロットが車の飲酒運転で捕まった場合

 

自動車免許だけでなく当然のようにパイロットの免許も取り消しになる国もあるくらいです。

 

 

日本人パイロットもそれくらいの緊張感が必要な時代なのではないでしょうか。

 

 

 

 

私自身、アルコールが好きでステイ先での美味しい食べ物とお酒は

 

この仕事を続けるモチベーションのひとつでもありますし、

 

ステイ先でのジョギングのモチベーションも美味しいお酒を飲むためなので、

 

もし自分がそれをできなくなると違う楽しみを見つけないといけないな〜なんてニュースを見ながら思うのですが、、、、

 

 

 

 

そもそも

 

自分を管理できない人にパイロットの仕事は務まりません。

 

パイロットだけでなく公共交通機関全般に言えることです

 

 

 

よくこのブログを通じて学生さんや社会人から

 

パイロットになるためにまず何をすればいいですか?

 

パイロットになるための資質は何ですか?

 

という質問を受けますが、

 

 

 

「自己管理」

 

 

できるということがパイロットとして第1に求められることかもしれません。

 

 

 

 

自戒の意味を込めて、、、

 

「飲むなら乗るな、乗るなら飲むな」