FLIGHT LOGBOOK

パイロットの日記

          最近の出来事

          2017.12.30 初めてのベルリン

          2017.11.11 初めてのコロンボ

          2017.11.07 初めてのベイルート

          2017.11.03 シミュレーター定期審査終了

          2017.06.05 B777資格再取得




仕事始めはバンコク

冬休みも終え、2018年の仕事始めでバンコク

 

今年も訓練がたくさん、、、初っ端から機長昇格訓練でB777の右席教官業務です。

 

既に副操縦士時代に何度かB787で一緒に飛んだことのあるフランス人の訓練生なので気心も知れていて、少しばかりリラックスしたフライトになりました。

 

 

 

今回のバンコク便は2泊ということで比較的スケジュールに余裕があったのですが、、、

 

行く先々で偶然にも現地在住の友人に出会い

 

旧交を深める、、、、というか飲み会続きの滞在となりました。

 

 

 

 

 

夜はナイトクラブに連れて行ってもらってストレス発散f:id:flyingtony:20180113000024j:plain

 

 

翌日には、ばら寿司を食べに連れて行ってもらい

f:id:flyingtony:20180113133839j:plain

 

 

 

なんだか休暇なのか仕事なのかよく分からない滞在となりました。

 

 

 

 

 

いいな〜、、、、バンコク

 

いろんな意味で。

 

 

 

冬休み

初日の出ジョギングから冬休みに突入して

 

暖かいベトナムで9日間、ノンビリとした時を過ごして

 

リフレッシュして帰ってきました。

 

毎朝、ベトナムのお粥やフォーを食べて

f:id:flyingtony:20180107082440j:plain

 

午前中にジョギングして

 

昼寝、読書、、、、

 

 

 

あまりにもノンビリしすぎて、人生についていろいろと考えてしまいました。

 

久しぶりに聞いたミスチルで涙を流しながら、、、、

 

果てしない闇の向こうに oh oh 手を伸ばそう

癒えること無い傷みなら いっそ引き連れて

少しくらい はみだしたっていいさ

oh oh 夢を描こう

誰かの為に生きてみたって

oh oh Tomorrow Never Knows

心のまま僕はゆくのさ誰も知ることのない明日へ

 

 

www.youtube.com

 

 

 

あ〜、心のまま生きたいな〜

 

 

 

ということで、明日から現実に戻って仕事頑張ります。

 

  • (`・ω・´)キリッ

 

 

 

 

 

 

 

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

 

大晦日から冬休み開始となり、久々に新年をノンビリ過ごしています。

 

 

元旦は日の出前から走り初め、ジョギング終了と同時に初日の出

f:id:flyingtony:20180102220904j:plain

 

 

最高の日の出を見ることができました。

 

今年も皆様にとって良い年でありますように。

 

初めてのベルリン

787から777への機種移行訓練でフランス人機長と初めてのベルリンにやってきました。

 

飛行中、コックピットにコーヒーを持ってきてくれた若いキャビンクルーさん

 

キャビンクルー「キャプテン、ベルリンでのご予定は? みんなで出かけるんですが、一緒にいかがですか?」

 

私「特に予定は無いけど、寒いから遠慮しておくよ」

 

キ「残念、、、わかりました」

 

私「けど明日の朝は早起きしてベルリンの壁を見に行こうと思ってるんだ〜」

 

キ「何ですか?ベルリンの壁って???」( ̄ー ̄?)

 

私 ´・ω・) 「・・・」

 

 

 

あれ???

 

もしかしてベルリンの壁崩壊を知らない世代?

 

とちょっとジェネレーションギャップ。。。

 

 

 

到着が夜だったので、ホテルに到着したらとりあえず着替えて近くのバーで

 

カレーヴルストとドイツビール

f:id:flyingtony:20171229215440j:plain

 

外が気温マイナス3度ということもあり、冷えたビールが更に美味しく感じます。

 

「いや〜、寒い日は冷えたビールが最高!」

 

と冬なのに日本酒の熱燗が飲めない自分を励まします。

 

 

 

翌朝は早起きして予定通り西ベルリン→東ベルリン→西ベルリンをジョギング

 

ポツダム広場 〜 ブランデルグ門 〜 ベルリン大聖堂 〜 旧東ベルリン市庁舎 〜 旧国境検問所(チェックポイントチャーリー)〜 ゲシュタボ収容所跡

 

とぐるっと走ったのですが、今更ながら平和の尊さを実感して帰ってきました。

 

f:id:flyingtony:20171230084927j:plain

 

 

 

 

ということで、今日はこれからベルリンからの復路で仕事納め。

 

今年も1年間、周りの人達、そしてブログ読者さんの応援や支えがあって安全運航を行うことができました、

 

来年も引き続きよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

そういえば、、、、おまけになりますが

昨日、ベルリンに到着したら隣にハリボジェット、トロピカルフルーツ味が駐機されていました。

f:id:flyingtony:20171229213948j:plain

TUI航空というドイツの格安航空会社グループですが、いろんな塗装があって見かける度に心が和みます。

 

 

 

それでは、みなさま良いお年をお迎え下さい。

 

忘れ物。。。

公共交通機関は繁忙期、、、、ということでクリスマスも無く働きます。

 

パキスタンの首都カラチまで審査便

 

機長と副操縦士の1年1回の路線審査ということでコックピット後方にある

 

ジャンプシートに座って審査をしてきました。

 

お二人とも優秀なので、特に大きな指摘事項も無くカラチに到着してフライトが終了

 

 

その後、コックピットを片付けて客室に出ると

 

キャビンクルーと地上スタッフが客室内でざわざわ

 

もう全てのお客様は降機されてるはずなんだけど、、、、

 

 

 

 

私「どうしたの?何かあった?」

 

キャビンクルー「あの、、、お客様が、、、、」

 

私「???」

 

キ「お子様をお忘れになって、、、、」

 

となんだかとっても気まずそう。

 

 

 

 

ざわついている先を覗いてみると

 

5才くらいの女の子がエコノミークラスの座席にポツン。。。。

 

 

 

どうやらご両親が娘を機内に残したまま降機されて

 

ターミナルに行っちゃったみたい。

 

 

 

5分くらいして地上スタッフの無線機に両親発見のお知らせがあり

 

暫くするとお父さんとお母さんが3人のお子様を連れて迎えに来ました。

 

 

 

兄弟が多いので子供の数を数えないまま降機されたようで、、、、

 

泣きそうになりながらも、じっと座って待っていた女の子がとっても印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現実逃避

無事に2週間のロンドン出張を終えました、、、寒かった。

 

太陽が恋しくなったので少し早い冬休みを頂き、暖かい南の国へ逃避行

 

f:id:flyingtony:20171218133424j:plain 

 

太陽の光を浴びながら魚と戯れ、ビーチでビールを飲み、美味しいシーフードを食べて現実逃避をしてきました。

 

 

 

ということで充電完了。

 

今年も残すところあと12日!!

 

明日から年末まで頑張って働きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氷点下

今朝のガトウィックは快晴、、、けど放射冷却で気温が氷点下2度

 

凍った池で白鳥が困っていました。

f:id:flyingtony:20171209074407j:plain

 

 

 

とりあえず帽子をかぶって、グローブをはめてジョギング開始

 

凍てついた空気で気分も引き締まります。

 

ゴルフ場には霜がおりて真っ白、、、、

f:id:flyingtony:20171209075028j:plain

 

 

ジョギング終了後はセントラルロンドンまで出かけてロンドン駐在のフランス人の友人と久々の再会

 

 

 

積もる話をしていると、、、、気が付いたら夜10時

 

 

 

美味しい料理とワインを満喫して充実した休日となりました。

 

 

カロリー消化のために走らないと、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

ガトウィックの休日

ロンドン生活も早いもので1週間

 

ず〜っと小雨の降る曇り空でしたが、朝起きると青空が、、、、幸運にも仕事はお休み!

 

ということで、すぐに着替えてジョギングに出かけました

 

 

今にも熊と出会いそうな林道をのんびりと

f:id:flyingtony:20171208113252j:plain

 

 

気温4度でヒンヤリとしていましたが、日が当たるとポカポカ

 

青空と芝のコントラストが気持ち良かったです。

f:id:flyingtony:20171208115733j:plain

 

走り終えてシャワーを浴びたらお腹が減ったので町を散策

 

 

 

 

通りすがりのレストランでアフガニスタン料理」 の看板が目に止まり

 

とりあえず入ってみると、気前の良いアフガニスタン出身のおじさん(店主)が出迎えてくれました。

 

これまでの人生で1度もアフガニスタン料理を食べたことが無いので、一番ポピュラーな物を食べてみたいと言うと

 

 ↓ 「カラヒ」と「ナン」

f:id:flyingtony:20171208144943j:plain

 

 を作ってくれました。

 

 

香辛料がたくさん入っていてスパイシーなチキンの煮込みって感じの料理でとても美味しかったです。

 

 

 

まだまだ世界には自分の知らない美味しい料理があるんだろうな〜、、、、と物思いに耽る充実したお休みとなりました。

 

 

 

 

 

 

初めてのガトウィック

日本でロンドンに旅行に行くと言うと、まずヒースロー空港を思い浮かべますが

 

ロンドンには

 

ロンドン・ヒースロー空港

 

ロンドン・スタンステッド空港

 

ロンドン・ルートン空港

 

ロンドン・ガトウィック空港

 

と4つの主要な空港があるんです。

 

-------------------------------

追記(2017.12.19)

ふと思い出したのですが、ロンドンにはもうひとつ

「London City Airport」という 空港もありました。

 

ロンドン中心部から東に11kmに位置する空港で主にリージョナルジェットの離着陸に使われています。

 

なのでロンドンにある主要な空港は5つです。

-------------------------------

 

f:id:flyingtony:20171205185041j:plain

 

それぞれの空港には大まかな住み分けがあって

 

ヒースローはメジャーエアラインの旅客便

スタンステッドは貨物便

ルートンはプライベートやチャーターのビジネスジェット

ガトウィックは格安航空会社の旅客便

 

という感じで運用が行われています。

 

 

 

 

で、今回は出張で初めてのガトウィック

 

ロンドン・ヒースローまで飛行機で行って、そこから車で約1時間弱

Boeing Flight Services Gatwick Campus

http://www.boeing.com/resources/boeingdotcom/commercial/services/flight-operations-solutions/training-and-resourcing/campus-information/assets/brochure/london-gatwick-campus-guide.pdf

 

までやってきました。

 

シンガポールキャンパスはかれこれ数回行ったのですが、ガトウィックキャンパスはこれが初めて。

 

現在シミュレーターが

787 x 4

777 x 1

737NG x 1

737MAX x 1

と7機あるのですが現在訓練センターを増設中で、来年以降あと4機のシミュレーターが導入され

 

ボーイング社の訓練センターではアメリカ国外で1番大きいものになるそうです。

 

ということで滞在しているホテルにはエアラインの訓練生がたくさん、、、、

 

777のシミュレーターを借りて自社の訓練を行うため、2週間の長期出張なのですが毎日ボーイングの教官やいろんなエアラインのパイロットとの出会いがあり退屈することがありません。

 

 

ホテルのロビーには大好きな暖炉もあるし、、、、

f:id:flyingtony:20171204055047j:plain

 

意外と快適なロンドン郊外の生活です。

 

 

 

 

 

 

 

 

パイロットの休日

先日のエントリーでヲタさんに頂いたコメントを読んで、ふと思ったのですが

 

友人にもエアラインパイロットがいますが、一般の社会人と比べて休みが多いと感じます。

 

個人的には一般の社会人の方が休みが多いと感じていたので、ちょっと比較してみました。

 

 

一般の職場の場合、

 

年間52週として、週休2日で 52x2=104

国民の祝日、年間16日を加えると 104+16=120

年間20日の有給休暇を加えると 120+20=140

 

ということで、年間140日の休みがあります。

 

 

エアラインパイロットの場合、

 

月の公休が10日で 12x10=120日

年間20日の有給休暇を加えると 120+20=140日

 

ということで、年間140日の休みとなります。

 

 

 

あれ?

 

 

 

同じだ、、、

 

 

 

やっぱり隣の芝は青いってやつでしょうか?

 

エアラインパイロットの場合、GW、お盆、年末年始といった繁忙期に休みをとれないので、必然的にサラリーマンが働いている時期にまとまった休みをとります。

 

あと国際線を飛んでいると、深夜勤務が多いので日中暇そうしているように見えたりもするので、エアラインパイロットの方が社会人より休みが多く見えるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋休み

まとまった休みを頂いたので、日本へ帰ってきました。

 

大阪、東京と4日間づつ過ごしたのですが、どこに行っても

 

町がキレイ

アジア人(中国人、韓国人)多数

中国語、ハングル語の看板多数

 

で、なんだかどこか別なアジアの都市を訪れているみたいな違和感。

 

テレビを見れば常に日馬富士暴行事件、、、で食傷気味。

 

 

それでも滞在中は毎晩のように、高校や大学時代の同級生と久々に会って美味しいお酒を飲んで盛り上がりました。

 

 

紅葉もギリギリセーフで見ることができたし、銀杏並木も見ることができたし

f:id:flyingtony:20171127143515j:plain

 

英気を養ったので、また暫く海外で頑張ります。

 

 

 

仕事終わりの一杯

新人機長の訓練でバンコクまで、、、

 

到着してお腹が減ったので、ランチを食べにプラカノンにある

 

あんばい -Amby- へ

 

張り切って行ったのですが、残念ながら臨時定休日

 

 

仕方なく、近くの沖縄料理屋さんに行って仕事終わりの一杯

f:id:flyingtony:20171119125623j:plain

 

 

久々のオリオンビールと沖縄おつまみは最強の組み合わせでした。

 

気が付いたらついつい飲み過ぎ、、、、

 

そのまま、ほろ酔いで最近お気に入りのマッサージ屋さんに。

 

ベアハグもみや

 

 

ここのところジョギングで長距離を走り込んでいたので、

 

足のマッサージがとても気持ちよかったです。

 

 

 

 日本のように過ごせるバンコク、、、、最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セイロンティー

スリランカ=紅茶」というくらい有名なセイロンティー

 

政府機関に航空局ならぬ「紅茶局」があるくらい、国としても茶葉の輸出に力を入れていて、この紅茶局の認めた茶葉にはライオンのマークが入っています。

 

↓こんなやつ

f:id:flyingtony:20171118154914p:plain

 

日本で言えば、農林水産省に寿司局があって寿司の品質に関してお墨付きを与えるって感じでしょうか?

 

 

 

友人の機長に頼まれ、ホワイトティーのゴールデンチップを買いに行ったのですが

残念ながらいくつかの紅茶専門店で売り切れ、、、、

 

仕方なくシルバーチップを購入したのですが

 

コロンボを出発する前に空港の免税店でゴールデンチップを発見

 

せっかくなので、飲んでみようと思い自分の分も買ってみました。

 

 

 

 

それから4日経ち、今朝ジョギング後にそう言えば、、、、と思い出し飲んでみたところ

 

f:id:flyingtony:20171118081352j:plain

 

美味しい

 

 

 

まったく紅茶に疎い私ですが、

 

こんなにまろやかな紅茶は今まで飲んだことがありませんでした。

 

 

 

しばらくハマりそうです、セイロンティー。

 

 

 

 

アーユルヴェーダ

 

日本人にはあまり馴染みのない、この「アーユルヴェーダ

 

アーユルヴェーダインド大陸の伝統的医学である。ユナニ医学ギリシャ・アラビア医学)、中国医学と共に世界三大伝統医学のひとつであり、相互に影響し合って発展した。トリ・ドーシャと呼ばれる3つの要素(体液、病素)のバランスが崩れると病気になると考えられており、これがアーユルヴェーダの根本理論である。

その名は寿命、生気、生命を意味するサンスクリット語の「アーユス」と知識、学を意味する「ヴェーダ」の複合語である。医学のみならず、生活の知恵、生命科学哲学の概念も含んでおり、病気の治療と予防だけでなく、より善い人生を目指すものである。健康の維持・増進や若返り、さらには幸福な人生、不幸な人生とは何かまでを追求する。文献の研究から、ひとつの体系としてまとめられたのは、早くても紀元前5 - 6世紀と考えられている

 

インドの伝統医学で最初に医師の診断を受けて、

 

ビラに1週間から長くて数週間滞在し、その間身体にあった良いものを食べ、オイルマッサージ、シロラーダ、ヨガ等を通じて身体を浄化しながら体質改善して健康になるという流れだそうです。

 

 

あいにく今回は1週間も滞在する余裕が無いので

 

とりあえず1日体験コースということになりました。

 

 

 

医師の診断も飛び込みなので割愛、

 

香ばしい香りのオイルを潤沢に使って

 

ヘッドマッサージ

  ↓

全身マッサージ

  ↓

スチームサウナ

  ↓

シロダーラ

  ↓

ハーバルバス

 

と、3時間半、、、、付き人がついて至れりつくせりの極上の時間を過ごさせていただきました。

 

 

特にあの「シロダーラ」っていう頭からオイルをかけるやつ。

 

f:id:flyingtony:20171116142336j:plain

 

最初、生ぬるいオイルを額にかけられた時は鳥肌がたちましたが

 

知らない間にウトウト、、、、

 

終わってみると頭の内部?脳みそ?が空っぽになったようなスッキリした状態になり、リフレッシュすることができました。

 

 

最後にジャスミン茶とフルーツを頂き、満足したところでお会計。

 

 

 

日本円にして3300円、、、、

 

 

このお値段でこれだけリフレッシュできるならリピート確定

 

 

 

空港近くのスパなのでトランジットの旅行者にもオススメです。

 

 

会計後、スパの車で近くのレストランまで送ってもらって夕食

 

ビーチで夕焼けを眺めながらのシーフードプラッター

f:id:flyingtony:20171113170149j:plain

 激安でした。。。。

 

 

 

 

 

 

f:id:flyingtony:20171113172830j:plain

 

 

休暇でノンビリと来たいな〜、スリランカ

 

 

 

準備不足

翌朝、目が覚めジョギングに行こうと思いたち、ホテル周辺を調べたところ

 

走れるような歩道がありません、、、、とってもカオスな町です。

 

結局ホテルのジムで走って筋トレ、そのままホテル内のレストランで食事を済ませたらウトウトと寝てしまい無事?お休み1日目が終わってしまいました。

 

 

 

 

お休み2日目

 

朝食を終え、世界遺産シギリヤロックに行こうと思い

 

ホテルのコンシェルジェに聞くと、5〜6時間かかるんだとか。

 

時計を見たら既にお昼前、

 

じゃあキャンディで紅茶工場の見学は?

 

と思いましたが、同じくらい時間がかかるって。。。

 

 

今すぐ出発して深夜に帰ってくるという選択肢もありますが、

 

万が一、帰ってこれない場合は翌日の仕事に支障をきたすので遠出を断念。

 

 

完全に事前準備不足

 

 

ちょっと自己嫌悪な気分になったところで、知り合いのキャビンクルーさんが

 

スリランカアーユルヴェーダは最高ですよ」

 

と教えてくれたのを思い出し、調べてみるとホテルから20分くらいのところに

 

有名なアーユルヴェーダのスパを発見

 

 

予約なしで飛び込みで行こうと考えていましたが、

 

もし空きがなくて断られ無駄足になるのも嫌なので、ホテルのコンシェルジェに電話番号を渡して予約をとってもらうことに。

 

私「このスパの1日コースの予約をとって下さい、これ電話番号、あっ時間は12時からお願いします。」

 

コンシェルジェ「ノープロブレム、サー!」

 

 

海外生活が長いと、このノープロブレムが一番のプロブレムなのは知っています。

 

なので、念のため

 

私「ここに電話して、今日の12時から、トニーって名前で予約して下さいね。」

 

コ「ノープロブレム、サー!」

 

と子供でも分かるくらい、ゆっくり丁寧に伝えました。

 

 

 

で、11時半くらいにホテルを出発し、タクシーに乗り込み

 

タクシーの中で

 

ドライバー「ミスター、アーユルヴェーダよりも気持ちの良いマッサージ屋に連れて行ってあげるよ」

 

私「いらない」

 

ドライバー「若くてキレイな女性がたくさんだよ〜♥」

 

私「いらない」

 

ドライバー「見るだけでもいいから〜」

 

私「見ない」

 

と言いつつ、ちょっと気持ちがユラユラしたり、、、

 

 

という、いつものクダリがありーの

 

 

12時少し前にスパに到着してレセプションに行くと

 

私「12時から予約したトニーです」

 

スパ「いえ、、、予約入っていませんが」

 

私「ホテルのコンシェルジェから予約を入れてもらったのですが」

 

スパ「いえ、そのホテルから本日は予約を頂いておりません」

 

私「・・・」 

 

という、ここまでが東南アジアのデフォ。

 

 

 

東南アジア経験が長いトニーさんくらいになると、もうこのくらいじゃぁへこみません。

 

 

幸運にも空きがあったので、1日コースをスタートするのでした。

 

つづく