FLIGHT LOGBOOK

パイロットの日記

          最近の出来事

          2018.06.04 初めてのダブリン

          2018.05.18 初めてのイスタンブール

          2018.05.13 初めてのハノイ

          2018.02.07 初めてのパタヤ

          2017.12.30 初めてのベルリン

          2017.06.05 B777資格再取得




厳しい?

夜のフライトに備えて家でリラックスしていると、アメリカ人の副操縦士から携帯に電話


副操縦士「今日スタンバイだったんだけどさ〜、さっきスケジュール変更の連絡が入ったからスケジューラーに電話したんだ〜」

私「へ〜、よかったじゃん、スタンバイですること無いより、飛んでる方がいいでしょ?」

副「うん、もちろんそうなんだけど、、、、今日は機長の路線審査の付き合いでさ〜、、、」

副「スケジューラーが最近評判の厳しい審査官だけど、ゴメンネ〜他にパイロットがいないからって言うんだ〜」


私「あ〜、それは最悪だね、、、、」


副「でしょ〜、最悪だよ〜、、、、審査の付き合いなのに。。。」

私「参考までに、その審査官の名前教えてよ。」
















副「Captain Tony!




私「・・・」(;゚д゚)


副「いま、日本から厳しい審査官がやってきたってオペレーションじゃあ噂になってるみたいだよ」(・∀・)




私「いや、、、、厳しくないっしょ?」






確かに、、、、教官訓練を含めて数ヶ月、、、、

厳しい評価をしたり、再訓練をさせたりしたけど、、、、

まさかそんな評判になってるとは、、、、





う〜ん、、、、、自分では極めて標準的な教官/審査官だと思うんだけどな〜






ということで、今宵もサウジアラビアのリヤドまで路線審査に行ってきます。