FLIGHT LOGBOOK

パイロットの日記

          最近の出来事

          2020.04.13 初めてのアテネ

          2020.02.15 初めてのロンドン・ガトウィック

          2019.07.01 初めてのマラガ

          2019.03.06 初めてのチェンマイ

          2019.02.17 初めてのバーミンガム

          2018.11.14 初めてのイスラマバード

          2018.07.12 初めてのハイデラバード

          2017.06.05 B777資格再取得




ツボレフ154

777の機長と副操縦士の路線審査でムンバイへ

 

巡航に入って余裕ができたところで、ハンガリー人の機長に経歴を聞いたところ

 

以前はDHLで767の機長、その前はハンガリーの国営航空会社でツボレフ154に乗っていたと言うので

 

 

ツボレフ???」

 

 

と聞き返すと、

 

ハンガリー人機長「そう、ソ連ツボレフ

 

私「それって、どんな飛行機?」

 

 

ハ「727みたいなや~つ」

 

 

↓「MALEVハンガリー航空のTu-154」

f:id:flyingtony:20130510094636j:plain

Tu-154

 

 

遠い昔、どこかで見たような気が、、、、

 

ソ連の飛行機だから、

 

機長、副操縦士、機上整備士、航法士、無線技士の5名編成なんでしょ?

 

と聞いたところ、

 

近代化でコックピットが改修されて、当時はパイロットと機上整備士の3名編成で

 

航法士が使ってた航法装置や無線技士が使ってた無線機がコックピットのオーバーヘッドパネルに無理やり引っ付けてあったそうです、、、、

 

f:id:flyingtony:20090916193804j:plain

Tu-154 Cockpit

 

その後、ソ連製の飛行機についていろいろと話しを伺いました。

 

この会社にいるといろんな飛行機に乗ってた人に出会えるのが楽しいです。